変形性膝関節症ってどんな病気?

中高年になると膝の痛みを訴える人が増えてきますが、膝の痛みの原因で最も多いのが変形性膝関節症です。

変形性膝関節症は、軟骨がすり減って骨が変形し痛みを感じる関節疾患で、女性に多くみられます。

原因の分からない一次性関節症と炎症や怪我の後に起こってくる二次性関節症に分類されますが、変形性膝関節症の9割が一次性関節症です。

  • 膝の痛み
  • 膝が曲がらない
  • 膝が伸びない
  • 関節が太くなる
  • 関節が変形する

などの症状があり、炎症を抑える薬や理学療法、装具療法などで治療します。

変形性膝関節症の原因と予防法は?

変形性膝関節症は、加齢による筋力の低下や肥満、怪我によって発症してしまう関節疾患です。
慢性または進行性の疾患ですが、薬で症状を和らげたり、運動や装具、日常生活の指導などで治療します。

変形性膝関節症を予防するには、太ももの筋肉を鍛えたり、膝関節の筋肉を鍛えるのが効果的です。

変形性膝関節症の治療法

変形性膝関節症は状態によって治療法が異なりますが、主な治療法としては炎症や痛みなどの症状を抑える薬物療法や運動療法でしょう。
関節に水が溜まっている場合や関節の荒廃が激しい場合には手術することもあります。

変形性膝関節症の改善には、膝関節を柔らかくするための食事法も効果的。
グルコサミンが豊富なカニやエビ、コンドロイチンが豊富な納豆やおくら、ヒアルロン酸が豊富なフカヒレや豚足、コラーゲン豊富な牛肉などを積極的に食べ、変形性膝関節症の改善&予防を心がけましょう。