1. 変形性膝関節症の薬特集TOP
  2. 変形性膝関節症Q&A
  3. 膝の関節鏡視下手術への不安・・・痛みや手術後の合併症はどうなの?

膝の関節鏡視下手術への不安・・・痛みや手術後の合併症はどうなの?

変形性膝関節症の痛みを緩和する治療の1つに、膝の関節鏡視下手術がありますが、これはどんな手術なんでしょう?
手術後の合併症や、手術費用など、関節鏡視下手術の詳細について調べてみました。

関節鏡視下手術ってどんな手術?

変形性膝関節症の痛みを解消するために行われる手術の1つに、膝の関節鏡視下手術があります。

膝の関節鏡視下手術は一体どんな手術なのかというと、膝専用の関節鏡を関節の中に入れて、半月板損傷や靭帯断裂を治す手術で、組織を傷めずに手術できるので回復が早いというのが特徴です。

関節鏡視下手術は、全身麻酔だから痛みもなく、ほとんど傷をつけないため、日帰り手術が一般的です。
手術後には、細菌感染による合併症を起こす可能性もありますが、抗菌薬の服用で治せます。

気になる合併症とは?

膝の関節鏡視下手術をすると、膝の痛みがかなり緩和される上に、他の手術より負担が軽いので、比較的安全な変形性膝関節症の手術と言えます。

手術後に細菌感染で合併症を起こしたり、動脈硬化など持病がある人は深部製動脈血栓症や、肺塞栓症など重度の合併症を引き起こすことも・・・

関節鏡視下手術は、ほとんど体に傷を付けない安全性の高い手術とはいえ、リスクがないわけではありません。
膝の関節鏡視下手術を受ける前に、そういったリスクについても、よく医師と相談しておいた方が良いでしょう。

手術費用はいくらかかる?

変形性膝関節症の膝の痛みを緩和してくれる関節鏡視下手術は、手術後に合併症が起こる可能性はゼロではないものの、それほどリスクの高い手術ではありませんが、費用が気になりますよね。

膝の関節鏡視下手術は保険適用なので、3割負担であれば8万円くらいで済むそうです。

膝の痛みを少しでも和らげたいなら、傷も少なく日帰りで受けられる関節鏡視下手術を、検討してみると良いかもしれませんね。

膝の関節鏡視下手術への不安・・・痛みや手術後の合併症はどうなの?に関連するコンテンツ一覧