1. 変形性膝関節症の薬特集TOP
  2. おすすめの運動
  3. 間違ったリハビリは逆効果!変形性膝関節症に良いストレッチ方法とは?

間違ったリハビリは逆効果!変形性膝関節症に良いストレッチ方法とは?

変形性膝関節症を改善するリハビリは、一つ間違えば逆効果になってしまいます。
変形性膝関節症に効く正しいストレッチ方法について、そのコツや注意点などを詳しく解説します。

なぜストレッチが有効なの?

変形性膝関節症のリハビリにはストレッチが効果的です。
なぜストレッチが効果的なのかというと、筋肉を伸ばすことによって関節の柔軟性が維持されたり、拡大されたりするから。

変形性膝関節症では、太ももの裏側やふくらはぎ、アキレス腱などをストレッチすると効果的なので、変形性膝関節症で悩んでいる人や、予防したい人は、毎日ストレッチをして関節をケアしましょう。

変形性膝関節症に効果的なストレッチ

変形性膝関節症のリハビリに、効果的なストレッチについてご紹介します。

まず太ももの裏側、ハムストリングスをストレッチする方法ですが、足を広げ膝を伸ばして座り、背筋を伸ばしたまま右足の方へ、体をゆっくりと倒したら10秒静止します。

これを左右繰り返せば完了です。

それから変形性膝関節症に効く、ふくらはぎとアキレス腱のストレッチ方法もご紹介します。

壁の前に立ち、前後に足を開いて、前の足の膝を曲げ、腰を前の方へ入れてゆっくりと前の足に体重をかけながら、後ろ足のふくらはぎを伸ばします。

この2つのストレッチを実践して、変形性膝関節症をケアしてみませんか?

ストレッチの注意点

変形性膝関節症のリハビリにはストレッチが効果的ですが、ストレッチもやり方を間違えると逆効果になってしまいます。

変形性膝関節症をケアするためにストレッチを行う時は、ムリをしないこととが大事。
変形性膝関節症を悪化させないように、負担のないストレッチを行いましょう。

間違ったリハビリは逆効果!変形性膝関節症に良いストレッチ方法とは?に関連するコンテンツ一覧