1. 変形性膝関節症の薬特集TOP
  2. 変形性膝関節症Q&A
  3. 手術に対する疑問を解消!変形性膝関節症の手術・手術後の実態とは?

手術に対する疑問を解消!変形性膝関節症の手術・手術後の実態とは?

変形性膝関節症を治すためには、どんな手術が有効なんでしょうか?
変形性膝関節症に有効な人工関節置換術、骨切り手術、関節鏡視下手術の詳細や治療費用、手術後の状態などを詳しく解説します。

手術の種類

変形性膝関節症の治療法には、人工関節置換術、骨切り手術、関節鏡視下手術などがありますが、手術内容はもちろん、費用や手術後の状態も気になるところですよね。

変形性膝関節症を治す人工股関節置換術は、セラミックなど人工の股関節に置き換える手術で、骨切り手術は変形した骨を切ってまっすぐにつなげ直す手術、そして関節鏡視下手術は関節鏡を見ながら行う手術のことです。

どういった処置が有効なのか、一人一人の変形性膝関節症の状態に合わせて、こうした治療法が行われるそうです。

術後の状態は?

変形性膝関節症の手術をする時、気になるのが手術後の状態ですよね。

手術の安全性や手術後の状態、治療費用、術後には変形性膝関節症がどのように治っているかなど、変形性膝関節症の人にとって、手術って気になることがたくさんあるはずです。

人工関節置換術の場合は、人工関節への置き換えなので、長期間になると緩んでしまったりすろこともあり、再手術しなければいけないこともあるようです。

骨切り手術をすると、骨がくっつくまでに時間がかかるため、長期入院が必要になります。

関節鏡視下手術は組織を傷めずに治療できるので、早期に回復するのがメリットです。

手術費用っていくら?

変形性膝関節症の治療をする時、治療法や手術後の状態などによって、かかってくる手術費用も違ってきます。

保険が適応されて3割負担の場合、人工関節置換術では約60万、骨切り手術で約40万、日帰りの関節鏡視下手術で8万くらいはみておいた方が無難です。

人工関節置換術や骨切りの場合には、高額療養費制度が適用されるので、自己負担額はかなり減って、大体10万くらいでできるようです。

変形性膝関節症の手術は、かなりお金がかかってしまいますが、変形性膝関節症の手術をすれば痛みが軽減されるので、それを考えるとそれほど高い費用ではないのかもしれませんね。

手術に対する疑問を解消!変形性膝関節症の手術・手術後の実態とは?に関連するコンテンツ一覧